« 来年のフジロックの販売を開始しました! | トップページ | 早速きたっ! »

「Go Toトラベル地域共通クーポンが使えます!」は…ウチにとっては追い風かも?

10月1日より地域共通クーポンが使えるようになって話題になってますよねぇ~。

和風ペンションみやざわもクーポン券が使える施設に登録しているのですが…

202009301455471

これ…ウチは宿泊施設としてキャンペーンの承認を受けており、事務局から地域共通クーポンも使える店舗として登録しませんか⁉っと言われ、あまり考えもなく登録したのですが…

最近、この地域共通クーポン券がウチにとってはかなり追い風になる気がしてまして…

これは宿泊代金とは別のものに使えるクーポン券になるわけですが…普通、宿泊した際に宿泊施設でお金使うことってありますか⁉さらに言えば冬の施設は夏に比べて1泊2食付きがほとんどで素泊まりの比率が低く(たぶん寒いので出かけたくないとか…滑ることを目的とした方が多いので食事はあまりこだわっていないとか…)、そうなるとこの地域共通クーポン券ってたぶん夕食時のドリンク代とかお土産とかそんなものにしか使えない気が…。で、宿泊代金の15%ってけっこうな金額なので、それで使い切る金額でもないような…。

しかーし、ウチは今まで宿泊客向けのサービスとして頑張ってきた割引リフト券手配とレンタルスキー・スノーボードがあるのです💡

これは他の施設にはないウチの特典みたいなものなわけで…完全に他の宿泊施設よりウチのほうがこの地域共通クーポン券の使い道があるということなんです💡

まぁ~リフト券については微妙な部分もあるんですけどね…。現在のところ野沢温泉スキー場はこのクーポン券の使える施設として登録されていないので、もしこのまま登録されずにいった場合、このクーポン券をリフト券に替える手段はウチの割引リフト券しかない⁉は言い過ぎかもですが、数少ない手段としてウチの宿泊の方限定のリフト券手配が役に立つわけで…絶大な効果がありそうですけど、野沢温泉スキー場が登録されたら…誰でもクーポン券でリフト券を買えちゃうわけですしね。

ちなみにGOTOキャンペーンでは、対象施設のプランやクーポン券の利用において換金性の高いものはNGなんです。QUOカード付宿泊プランとか新幹線の乗車券付宿泊プランとか、そういうのはNGなんですけど、リフト券ってどうなんだろうってところなんですが…。ウチの手配しているリフト券は引き換えクーポン券でして、そのクーポン券は特別な事情がない場合、基本的には当日フロントで渡してますし、日付も名前も券種もクーポン券に印字されていて、リフト券売り場で交換なので換金しようがないわけで。またリフト券に引き換えた後に転売する行為はそもそもスキー場が禁止している行為で法的にも問題がありそうですし…、他のスキー場ではリフト券の購入に地域共通クーポン券を使えるところもあるので…まぁ~事務局に問い合わせたわけではないのですが、リフト券は換金性がないという判断なんだろうなぁ~っと。たぶん金券ショップで買い取らないようなものはOKみたいな?

でもレンタルについては、レンタルしない人には関係ないかもですけど…ウチに宿泊の方は1日セットで1,500円と値段も安い上に、クーポン券が使えるってのはかなりインパクトあるのではないでしょうか?さらに宿泊以外の方も最近では貸出してまして、その場合はセットで2,500円で、他の宿泊施設に泊まった方がウチでクーポン使ってレンタルするってことも予想され、これは宿泊にしても、レンタルのみにしてもうまくアピールして、コロナ禍で厳しいシーズンながらも、なんとか黒字化に繋げたいなぁ~っと。

今シーズンはゴンドラが新しくなるので、割引リフト券の料金がどうなるのか不透明なのですが、例年どおり平日価格が安かったりしたら、それを組み込んだ平日限定のリフト券付きのプランなんかも出せますし、リフト券付き宿泊プランで35%割引のうえ、残りの15%でレンタルできるみたいなGOTOキャンペーンを完全に活かしきったものをウチなら提供できるわけで…とりあえず割引リフト券の料金がでたら色々とホームページや宿泊プランをいじってアピールしていきたいと思ってます❗

それにしても、リフト券にしても、宿泊者向けレンタルにしても、利益は全然ないのに宿泊者向けサービスとして部屋の販売促進のために今まで頑張ってきた甲斐があったなぁ~っとちょっと嬉しくなりました💡

|

« 来年のフジロックの販売を開始しました! | トップページ | 早速きたっ! »