« 2017年7月 | トップページ

2017年9月

夏シーズンを振り返ると…

いよいよ明日の宿泊で夏シーズンも終わりとなり、冬に向けてまた始動していくのですが…

っといいますか…もぅかなり冬に向けて予約が入っている状況でして…coldsweats01

冬については年々国際化といいますか…外国人のお客さんが増えてまして…それで予約も早期化しており…現状ではオフィシャルサイトとEXPEDIAさんのみで販売しているのみですが…もぅ満室の日程もちらほら。オフィシャルサイトでは予約金が必要ですし、EXPEDIAさんでは返金不可プランですので…ちょっとびっくりな状況なのですが、こんなに早くからウチを選んでいただいているということは、非常にありがたいことだなぁ~っとhappy01

で、表題の夏シーズンなんですが…

これがけっこう辛いシーズンだったといいますか…トラブルが停まらないみたいな…coldsweats01実は私…厄年でして…冬もスタッフが飛んだり、苗場の雪害からの雨漏りとか…まぁ~色々とトラブルがありまして…厄年のせいだとか冗談で言ってたんですけど…

ほんと冗談なのか、それが影響したのかsign02

日記でも書いたのですが…オープンした途端の3連休に配管水漏れで徹夜で監視…、

新規で設置した共同トイレの配管に枝が落ちてきて割れる…

ボイラーの循環ポンプが1台故障…

満室期間に客室のエアコン故障…

ボイラーの貯湯タンクから水漏れ…

厨房の天井から水漏れ…

今年導入した乾燥機が故障…

バーベキュー場の電気が点かない…

ほんと施設のトラブルだけでも、どこかを修理すると、また何か起こるみたいな…coldsweats01

もちろん全て解決してますが…それなりのお金もかかり、業者さんからも今シーズンはまた呼ばれそうだなぁ~なんて言われてみたり…sad

お客さんからも、厄年ってなんか色々と悪いことが続くんだよなぁ~って言われてみたり…sad

途中からほんと早く終わってほしいなぁ~っと思ってました…shock毎シーズン、こんな気持ちにはならないのですが…ほんと今シーズンだけは色々と辛くて、疲れ果てた感じですshock

厄年…早く終わってほしいなぁ~。

|

アンダーレイシートって言うみたいです

先日の日記でも書いたのですが、タイルカーペットの下に階下への足音を軽減するシートを貼っているのですが…

Img_3196_r

こんなシートでして…アンダーレイシートって言うみたいですflair

厚さは6mmでして…色々探したのですが一番安いやつで20mで2万円ぐらいですflair厚さが4mmのはもう少し安いのですが…3,000円ぐらいの差だったので6mmを選びましたっsign03これを床に貼っていきますっsign03

Img_3193_r

上部はゴム見たいな材質で、貼り付け面は…吸音材のニードルフェルトのような材質かなsign02

そして一旦剥がしたタイルカーペットは綺麗に洗いまして…

Img_3197_r

バーベキュー場で干してから…元に戻しますっsign03

前よりは床に弾力もでて…確かに音を遮断しそうだなぁ~っとhappy01

|

BOOKING.COMって…

ブッキングドットコム…みなさんご存知でしょうかsign02

Booking_com_logo2

宿泊予約サイトさんなんですけど…このご時世、ほんと宿泊予約サイトって多くありまして…

ウチは主に、直販予約サイト、楽天トラベル、じゃらんNET、JTBるるぶトラベル、BOOKING.COM、EXPEDIAに加え、ちょこちょこ規模の小さなサイトさんでも登録しておりますflair

このBOOKING.COMさんなんですが…ほぼ全世界の言語に対応してまして、もう5年前ぐらいから野沢温泉のほうでお世話になっているのですが…まぁ~外国人のお客様に向けたサイトってことなんですけど…年々勢いが増していまして…

今シーズン、白浜でも外国人さんに向けた販売を始めようということで、サイトに載せたんですが…なぜか日本人の方からの予約がすごい勢いで入ってきてしまってまして…正直なところ驚いているのですが…今、宿泊予約サイトで一番勢いのある楽天トラベルさんより多い予約がBOOKING.COMさん経由で入ってきまして…、外国人の方と日本人の方の比率が半々ぐらいでしょうか…wobbly

ぶっちゃけて言っちゃうと…BOOKING.COMというサイトは海外の会社さんのサイトであって、日本人が使うにはすごくわかりにくいサイトです。日本の会社が作るサイトと違って、どこがわかりにくいかと言いますと…

色々とわかりにくい箇所はあるのですが…書き出すときりがないので…そもそもこのサイトに登録をするとき、英語なんですsadそれを無理やり日本語訳されるので、ウチが伝えたいことが勝手に翻訳を変えられてたりして…例えば、ウチは海までの坂が急なので徒歩何分といった表記をしないようにしているのですが…英語で車で5分と入力しているのに、徒歩10分とか記載されてたり…。そして日本語訳の訂正もできないし(英語のほうは訂正できます)、そもそも登録がほぼ選択制のため、部屋名とかプラン名ですらウチの言葉で入力できず、提示されているものから選んだり…とにかく売り手にとっては不便なサイトですし、記載されている言い回し、例えば常設ベッドとか…あまり日本語では使わないような表現をしてることも多くあります。なので日本人の方が誤解しやすいサイトかなぁ~っとsadあと追加でかかる費用なんかも小さく書かれてたりして…ここも誤解が生じるところなんですよねぇ~。海外のホテルだと別途費用はふつうでも、日本の場合は全て含まれた料金を提示するのがふつうだったりするので。

なぜ日本人の方がこのサイトを使うかわからないのですが、昨年ぐらいまではほんと外国人の方からの予約しかこなかったのに…BOOKING.COMさんの売り方がうまいんでしょうけど…アフィリエイトとか…ただ、海外のホテルを予約するなら利用することもあると思いますが、日本人の方が日本の宿を予約するのには、はっきり言ってお勧めしませんっsign03

実際にウチにとってはBOOKING. COMで予約するメリットはありません。

返金不可プランですから…。

これは外国人の方がノーショーされるとキャンセル料がとれなく…野沢温泉で利用してから2年目ぐらいにそのノーショーがすごく増え、これはイカンってことで、事前決済の返金不可プランのみで販売しているんです。実際に部屋を押さえてても、飛行機が飛ばなくてどうしても来られないといった事情もあるでしょうけど…宿にとってはノーショーでキャンセル料も頂けないというのは受け入れることができないわけで…日本向けの予約サイトさんや直接での予約の場合は1週間前からキャンセル料がかかるわけですが、BOOKING.COMのサイトでは24時間後には決済が入って、それ以降はキャンセルしても返金はありません。

それなのに…なぜかこの表記を見落として予約をして、決済が入った後にキャンセルした方から電話でそんなことあるんのかsign02っと。今までそんなことなかったっsign03っと…。そう言われても、そもそも返金不可プランにもかかわらず、日本人の方からの予約がこんなに入ってくるとは思ってもなかったし…。

こうした外国人向けの宿泊予約サイトにおいて返金不可プランってけっこうあります。私も海外のホテルはEXPEDIAで予約しますが…ほとんど返金不可プランです。

そんな怒りの電話をもらったとしても、海外の予約サイトを経由してるので、ウチではどうしようもできないし。

実際に海外の会社さんは絶対に返金しません…。契約に忠実で、日本のように強く言ったり、事情を説明すればなんとかなるかもしれない的なことはありません。ウチもBOOKING.COMさんの予約は勝手に変更したりできないシステムになってます。楽天トラベルさんとかじゃらんNETさんだったら色々とこちら側でも操作できるので便利なのですが…とらえ方によっては、こっちで勝手にキャンセルとか変更ができてしまったら、売上を操作して予約サイトさんに支払う販売手数料が操作できてしまうわけで…なのでこういう変更やキャンセルを直接お客さんから言われた時は、BOOKING.COMさんにメールして、BOOKING.COMさんがお客さんに確認をして、操作してもらうって感じです。ややこしいというか…時間がかかるというか…、まぁ~お客さんの予約内容はお客さんがサイトで変更してもらうのが早いって感じです。

そのうえ、販売手数料が通訳サービスなんかも付帯しているので、他のサイトよりかなり高いのに、販売価格は他のサイトと同じようにしないといけない契約なわけで…ウチにとってもメリットがありません…。ほんとにただ外国人のお客さんを集客するために必要なサイトなので使っているだけでして…。

昨年ぐらいでしたか…わかりにくいし、日本人の方には不向きな予約サイトなので、事情を説明して、日本での販売をしたくないとBOOKIN.COMさんには伝えてみましたが…断られました…。まぁ~向こうはお金が入れば良いわけで、日本で販売しないことに何もメリットないですもんね…。さすが海外の会社さんだなぁ~っと、悪口を言ってみたり…。

最近、めっちゃテレビで宣伝しているトリバゴとかでホテル検索して一番安くBOOKING.COMのサイトがでてたとしても、契約条件が違ったり、別途かかる費用を外側にしているだけで安く見せているだけだったり…、それに実際に宿泊施設側が支払う手数料が他のサイトより高いのに、他のサイトより売値が安いってことは…なかなかないのではsign02良くて同じでしょうし…ポイントも付かないので、予約サイトを通じて予約するのであれば、やっぱ楽天さんやじゃらんさんなんかのほうがお得だと思うんですよねぇ~。

私は楽天トラベルさんのサイトが一番見やすいし、使い易いと思うので利用していますが…、まぁ~好みは人それぞれですけどね。

っと、ぶっちゃけてしまいました。

|

来年のフジロック期間中の販売を開始しました!

苗場のことを書くのは久しぶりです。

来年のフジロックの開催が決まりまして…っというか、今年のフジロックに来年が開催されることが発表されるという異例の早さで…

来年のフジロックのプランを発売したのですが…

値上げさせてもらってますsad

なんかフジロックのリピートさんとかもいらっしゃってて、ほんと申し訳ない感じなのですが…苗場の冬シーズンの営業の目処が立たず…このままいくと、ほんとフジロックのときしか営業できないことが予想されてまして…そうなると、フジロックの営業だけで年間の固定資産税やらその他、光熱費の基本代金1年分やらを捻出しないとしけないということで…coldsweats01

昨シーズン、冬シーズン通して営業していたんですが、野沢温泉とは違って、平日の集客が全然でして…実際のところ2人のスタッフを配置してやってみたのですが…2人の人件費分ぐらいしか利益がでないうえに…日記にも書いたのですが、2月の終わりに2人とも消えてしまって…coldsweats01

もぅ商売としてはフジロック期間しか成り立たない状況で、もしくは、昨シーズンの前のシーズンでの運営でやったように、年末年始と週末のみの営業で、それ以外は野沢温泉で働いてもらうか…それにしてもスタッフの数も必要になるので…難しいなぁ~っとsad

とりあえず、冬をやらないことを前提として値付けをしました。詳細はこちらから。

Fujirock2

Fujirock

|

9月は防音の作業を

9月になり、お客さんもだいぶ減りまして…毎年恒例なのですが、色々と内部の改修作業をしておりますflair

今シーズンは、シーズン前に日記には書かなかったのですが、3階のツインベッドルームの間の壁がちょっと薄いのではsign02っと昨シーズンに利用してくださったお客様からご意見をいただきまして…、防音のことをだいぶgoogleで調べまして…

遮音と吸音がセットでないと防音もあまり効果がないと…

それで、今やっているような作業をしたのですが…これ、めっちゃ効果ありっsign03やる前とやった後で、隣の部屋で声を出して検証してみたのですが…けっこう声を張らないと隣には聞こえないぐらいになるんですflair

なので…この作業をまたちょこちょこやっていこうかと。

Img_3185_r

壁を壊しまして…石膏ボードを留めていたボンドも叩き落としまして…

Img_3184_r

Img_3186_r_2

遮音シートを貼ります。遮音シートはこのシートの中に鉛が入ってまして…かなり重いので、壁の全面にボンドを塗って貼りつけまして…しかも、隙間とかがあったら効果もかなり減少するみたいなので、繋ぎのところは遮音テープ、これも鉛が入っているテープなのですが…これを使って隙間もしっかりと貼っていきます。

Img_3187_r

遮音シートの上から木をネジで付けまして…

Img_3189_r

このロックウールなる吸音材を枠にハメていくわけです。

Img_3190_r

でもって…

Img_3191_r

石膏ボードを木の枠に合わせて貼り付けると…出来上がりって感じですhappy01

この作業を壁全体にやって、壁紙を貼って、完成っsign03となるわけですが…これ、1部屋やるのにかなり時間がかかるわけでして…

さらに、床にも吸音材のマットを敷いて、その上にタイルカーペットを敷けば、上の階の足音を軽減できるみたいで…今後は、時間はかかるかと思うのですが…年々、こうした防音の改修作業をちょこちょこやっていこうかなぁ~っとflair

ただ、そもそも部屋でどんちゃん騒ぎみたいなことをされなければ、もともと鉄骨造りですので、木造の建物よりは防音性が高いんですけどね…。でも、海の近くで若いお客さんも多くいて、そんな若い人が特に男の子が1部屋で4人泊まると…それなりに騒音がでるわけで…、騒音のトラブルもちょこちょこありまして…。

部屋の防音の強化作業はしていくのですが…、館内ポスターだったり、部屋の冊子だったりで注意喚起をしても騒ぐ人は騒ぐわけで…、どんなに防音性が高くても、バカ騒ぎされても静かなんてことはないですし…宿はみなさんお休みになるために利用する場所ですので、お酒を飲んで騒ぐのであれば宿ではなくて、居酒屋さんがそのサービスを提供しているわけですから…商売違いなわけで、それをどうやって伝えていくか…

極論で言えば、部屋で騒ぐ人の予約が、どうすれば入らないようになるか…、予約は受身なので、誰でも予約できてしまうわけで…また料金が民宿・ペンションクラスになると、どうしても若い人の予約はホテルや旅館さんより多くなるし…

騒音については、宿としては色々と悩まされるところですdespair

|

« 2017年7月 | トップページ