« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

デジャブな不法侵入事件

お久しぶりになりましたっこの夏もおかげさまで忙しくしており…最近はシーズン中はぜんぜん日記書けてないなぁ~っと。

まぁ~実際に準備時期の改修作業のほうが日記に書きやすいし、シーズン中は特に変わったことってのはほとんどありませんしね…

……のはずが…警察沙汰に

これ2年連続の出来事でして…

先日、道を挟んだ向かいにあるペンションさんから、この車おたくのお客さんじゃないかと言われ…

奈良ナンバーだったんですけど、宿泊代表者の方の住所を全部確認したのですが…関西の方がいらっしゃらず、可能性がありそうなお客さん(当日の電話予約で住所まで確認していないお客さん)には声をかけて確認したのですが…それでも見つけることができず…

ウチはチェックインのときに駐車場の案内を全部のお客さんにしてるので、普通に考えたらウチのお客さんが向かいのペンションの駐車場に車を停めたりすることはないはずで、その状況で全部のお客さんの部屋に行って聞くのは、さすがにお客さんにも迷惑だと思うし、ってことで、警察に連絡してナンバーから持ち主に連絡してもらうことにしたんです

その30分後…警察の方が直接、宿にきて…持ち主に連絡がつかないと…。

ウチの宿帳を見てもらって、そしたらこのお客さんの苗字が一緒なので、可能性があるとしたらこの方かもって言うから、その方の部屋に行ったら…やっぱ違うってことで…。

関西の住所の人がいないのに奈良ナンバーって…もぅウチじゃないっしょ

っと思いつつも、結局、全部屋をまわってお客さんに確認を取らないとどうしようもない状況になってきたので…スタッフ全員で手分けして全部屋まわろうってことになったわけですが…

突然、それ僕の車ですって…

警察の人が4階のツインベッドルームのベランダから持ち主の人が自分の車だって言ってるよって…。

4階のツインベッドルームって女性のお客さんしかいなかったはずだったので、そいつをとっ捕まえて確認すると…

「いやぁ~友達で、今日海で知り合って、もぅ帰るんで」って…。

こいつバカかとっ

もぅ頭にきまして…お前が他人の敷地に車を停めたせいで、ウチも巻き込まれて、どれだけ営業を妨害されたんだと。そもそも不法侵入しておいてもぅ帰るからって…、お前は万引きしても品物を返せば許されると思ってるのかっと。そして、自分の家に知らない人が勝手に上がりこんで使ってたとして、「もぅ帰るんで」って言われて「はい、そうですか」になるのかと

去年も全く同じで…ウチの駐車場の近くに道をふさいで車を停めてるやつがいるとクレームが入って、誰のか探してると、不法侵入者の車だったという、迷惑な事件がありまして…しかもそのときも「もぅ帰るんで」とか言って、なんか全く同じ展開にびっくりですよ

帰れば済む話じゃないでしょう不法侵入は犯罪行為ですよまずはきちんとした謝罪があってしかりだと思うんですけど…。ウチは営業を妨害され、前のペンションさんは敷地を侵され、くつろぎ中にウチのスタッフから車の確認をされたウチのお客さんにも迷惑かけたわけですから。

で、結局、警察の方に促されたのか、人が変わったかのように謝罪されまして…まぁ反省してる人を追い込んでもってことで、被害届は出さずに女性のお客さんと宿泊契約を解除して、宿泊料金を支払ってもらって示談したって感じですけど…若い人って気軽な気持ちで法をおかしたりしますけど…その侵入した彼らも社会人ってことで、ウチの態度次第では自分の人生に影響を与えたりするわけで…なんかすごく今の若い人って危ういなぁ~っと。

社会人にもなればそういう感覚って身に付いてるものだと思うんですけどね…、今話題の高畑さんの息子さんとか…、こんなことで人生を台無しにしてもしょうがないっしょと思うわけです。

そして…ウチは商売でやっている以上、他のお客様もたくさんいる中で、住所や連絡先もわからない人が館内に入り込んでくるのはほんとに迷惑ですし、こういうことには断固とした対応を取りますし、取らないといけない立場ですので、ほんとにやめてください…。

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »