« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

夏なのに…牛もつ鍋

2日連続で牛もつ鍋を食べています…

今年の冬シーズンはすでにホームページを少しいじったのですが、夕食に「国産豚のみそ鍋(信州味噌仕立て」と「飛騨牛の塩もつ鍋」を加えて、夕食のラインナップを増やす予定でして…その試食をしています

で…しげちゃんに作ってもらった飛騨牛の塩もつ鍋…

Dscf7754

いやぁ~うまいっすねぇ~

だた…飛騨牛の牛もつが200gで1200円ぐらいしまして…みんなの意見を聞いたんですけど…すき焼きと同じ料金ぐらいになるならすき焼きを選ぶわぁ~って。

そうですよねぇ~。そもそもお客様がウチに求めていることは、一番は価格だと思うんです。だから原材料が高いものを仕入れて高い料理を提供しても、そんなこと求めてねぇ~って言われそうで…笑

もつ鍋自体をやめちゃおうか案もでたんですが…とりあえずもうちょっと原価の安い牛もつで作ってみて、味を確かめてみて、それでいけそうならいってみようかってことで。

ただもつ鍋って、もつがおいしくなければ意味のない食べ物になってしまうので、料金を抑えておいしいもつ鍋…そんなことが可能なのか…まだまだ夏の牛もつ鍋の試食会が続きそうです…

|

心が温まります

久しぶりの日記になってしまいました。やっぱ8月は忙しいですねぇ~。嬉しいことに満室の日も多くありがたいことです

そんな中…実はちょっと悩んでいまして…。

私はもともとアメリカとかカナダにあるようなモーテルのような宿をやりたかったんです建物も古くてサービスも悪いけど、とにかく安く寝るところが確保できればいいなぁ~っていうお客さん用の宿泊施設というか、でもユースホステルのような相部屋みたいなところではなく、また都市部で多いカプセルホテルみたいなものでもなく…。

安いビジネスホテルなイメージでしょうかでも…やりはじめて思ったのが…ビジネスホテルは年間でお客さんが来てくれるから、けっこう良いサービスで安い値段だったりして…、白浜のようなほとんど8月しか集客できないような場所で、それで年間の固定資産税やら光熱費(基本料は使わなくてもかかるので…)を捻出しなければいけないとなると、なかなか料金的にも安くできないうえに、スタッフもリゾートバイトに頼ることになるので、サービスの質も高いものが提供できるわけではなく…。

そんなことを悩んでまして…実は来年から子供料金とか幼児料金を撤廃しようかなぁ~なんて思っていたんです。やっぱファミリーさんが満足してもらえるほどウチはレベルの高い宿泊施設ではなく、宿を選ぶ自由はお客さん側にあるので、ウチからお客さんを選べるわけではないので、子供料金とか幼児料金を撤廃すれば自ずとファミリーさんは減るかなぁ~っと。

誤解のないように言うと、別にファミリーさんに来ていただきたくないということは全然ありません。ただ…やっぱウチのレベルだとなかなか満足できないと思うし、来ていただいて残念に思われてしまうのはお互いにとって良いことではないので、もっと分かりやすくするべきなのかなぁ~っと。

ウチは白浜という土地柄、また料金的にもホテルに比べて割安な宿泊施設なので、宿泊客は若い子たちが圧倒的に多くて、そんな中にファミリーさんがいても嫌な思いをするだけだと思うんです。実際に白浜には若い子が多いっていうことを明記して若い子たちの写真を多数掲載したりしてファミリーさんが選びにくくなっている宿もあって…そういうすみわけがいるのかなぁ~っと。白浜にはプリンスホテルやホテル伊豆急という質の高い宿泊施設もありますし。

って、前置きがだいぶ長くなってしまったんですが…、そんなことを考えていた中、昨日、心温まるシーンを見たんです

バーベキューで隣合った若いグループとファミリーさんが仲良く楽しんでいたんですで、ファミリーさんは今日も宿泊してくださってるんですが、若いグループは今日がチェックアウトだったので、帰りにウチの売店でたくさんのお菓子を買って、そのファミリーさんの子たちに渡してくれって。「いかついお兄さんと遊んでくれてありがとう。」って。

失礼ながら、確かに見た目がいかつい人だったんです…。でもすっごくいい人だなぁ~って。ファミリーさんが帰ってきたときにそのお菓子を渡したら、ファミリーさんも喜んでて…。

なんかこういうのっていいなぁ~って。宿で出会って仲良くなってみたいなのって。

まぁ~稀なケースなんでしょうけど、そんな光景に心が温まりました

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »