« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

人事異動だって

昨日、いつもお世話になってるスーパーに行ったところ、私が宿を始めてから4年、ずっと担当してくれてお世話になっていた宮本くんが人事異動だって…

宿をオープンした年は、隣の飯山市のさらに隣の中野市まで買出しに行っていたんですけど…2年目には飯山店がオープンして、宮本くんも中野店から飯山店に異動してきたので、ほんと4年間お世話になった感じなんですけど…。長野県の茅野市ってところに新しい店舗ができるので、そっちに異動ってことで、ここからだと車で2時間ぐらいかかるので、会うこともなかなかないでしょうねぇ~って、さみしくなりますね…。

まぁ~そういう季節なんでしょうってことで…実はウチも小さい規模のくせに人事異動というか…3月からりんちゃんが野沢温泉INNの責任者をやることになりますっ

りんちゃんもやる気ですし能力もあるので…、実際にりんちゃんがフロントをやり始めてからの口コミの評価でもお客さんから良い言葉をもらってますし、そっちのほうがいいんじゃないってことで…。やる気と能力がある人が権限と責任をもって仕事と向き合っていくほうがやりがいも感じると思うし、私はそういう人材に色々と任せてあげたいし、そういう人にしっかりとお金を稼いでもらいたいと思うので。

ってことで、3月は私の宿というよりは、りんちゃんの宿として、りんちゃんの色がでてくるような宿になればなぁ~っと。もちろん結果は問われる立場になりますが、その結果までの過程はりんちゃんの決めることですし、3月ということでスタッフ個々の能力なんかも把握できてる状況なので、あとは持ち前の色々なところに気づける目と考える力とリーダーシップを発揮して、スタッフをまとめながら、お客さんに喜んでもらえる宿にしていってもらいたいです

ってことで、もうシーズンも終わりに近づいてきてますけど、心機一転ってところです

|

大活躍!

紹介が遅れましたが…今年、めっちゃ活躍してくれてるのが…

Dscf5422

電熱マットっ

いやぁ~、ほんとこれは素敵なんです今年から導入したんですけど…毎年、この野沢温泉INNの玄関の階段は雪まみれになって、雪が降った翌日の朝は必ず雪かきをしてお客さんが通れるようにしなければならなくて…かなり手間がかかる作業だったんですけど…。

今シーズン、営業開始する直前ぐらいに設備屋さんに相談して、「野沢温泉INNのほうは雪がすごいので、水が流れるような融雪設備がほしいんです」なんて言ったら…水道水は高いから流しっぱなしは絶対にやめたほうがいいって言われ、この電熱マットを紹介してもらったんです

ほんとにマットのところは雪が積もらないし、その周りもマットの熱でちょいちょい雪が融けるので、雪かきをしなくてもいいし、さらに雪かきをしたとしても川が流れていないので雪を捨てる場所がなく、けっきょく雪を固めて階段みたいになってたりしてたので滑りやすかったんですけど、マットにしたらそれも解消され

お値段は…約10万という高額商品だったんですけど、それに見合う活躍っぷりじゃないかなぁ~って

|

閣下が下山します

今日、閣下が東京へ戻ります。2月は野沢温泉INNのほうに引越ししてもらって、なかなか話す機会もなかったんですけど…さっきみやざわのほうに顔を出してくれて、帰っていきました。

長い間、ほんとお疲れさまでしたっ

今シーズンは、ウチで働くのが初めてというスタッフばかりの中で、閣下には色々と助けられたなぁ~ってこの間、閣下と一緒に飲んだときにもちょっと触れたんですけど…、シーズン前半はほんと大変だったけど、閣下がいなかったらもっと大変なことになってただろうなぁ~って。

12月に私とはるちゃんで野沢温泉INNのオープン準備をしてたときも、ぜんぜん予定通り進まなくてピンチの真っ最中って感じのときに閣下が来てくれて、残業とか全然しますよって言ってくれて…なんとかオープンに間に合い、ほんと助かりました

閣下の仕事に対する姿勢は他のスタッフにも影響を与えた部分が大きかったんじゃないかなぁ~っと思ってます。

なんか帰ったら、卒業旅行でニューヨークに行くらしいですよ。で、3月に暇があったらまた遊びに来てくれるそうです。

また遊びに来てくれたら、そのときに色々とお話しましょうっいずれにしても、閣下がいてくれてほんと良かったって感謝してますっはるちゃんとりんちゃんの次ぐらいに…笑

|

3月の居候募集をしてみます!

色々と思うところもあって、ずっと居候の募集はやめていたのですが…。

来月だけ募集してみようかなぁ~っと

居候って実はウチにとって必ずしも必要な存在というわけではありません。居たら居たで助かる部分もあるし、ウチは若いスタッフばかりで運営してるので、人が多ければ活気もあっていいかなぁ~って存在です。

でも、給料を支払っていない人手であって、ウチでは主に1時間ほどレンタルの貸出業務をしてもらっているのですが、給料を支払っていないからといって適当な仕事をする人はいらないのですっウチは宿泊業という、サービス業に近い業種ですし、適当な仕事なんてあり得ないんです。誰かが適当なことをすると、一生懸命にやってるスタッフに迷惑がかかるわけで、そんなんだったら最初からいないほうが良いと思ってます。

その中で、居候の子がお金もらってないのに一生懸命仕事なんてできないという意見もわからないではないんですけど…その反対の部分、つまり仕事をしたくない人がウチにいる必要がないというところを理解していない人が多くて…。別に山に篭って滑りたいだけならアパートでも借りて住めばいいんです。それに対してお金がかかるからとか…そんなことウチには関係のない話で…。

まぁ~最初のうちは理解のある子が来てくれてて、この居候のシステムが成り立っていたんですけど…途中で嫌なことが多すぎて、また中央大学のスキーチームと提携することになったのも重なって募集をするのをやめていたんです。

で、この募集再開についても色々と考えたんですけど…。レンタルの貸出業務って…ウチのレンタルは予約制ではないので、仕事があるときとないときの予想が難しいんです。仕事があるかどうかわからない業務に対して、給料を払って人を用意しておくというのは確かに非効率であって、結局のところ、居候の人がレンタル業務を担ってくれるほうが助かるなぁ~っと。もちろんちゃんとやってくれる人ってのが前提ですけど…。

とりあえず、もう1度、この居候がいる宿っていうのをやってみて、システム的に確立させていけるように努力してみたいなぁ~ってところが、募集再開のきっかけです。

応募がなかったらそれはそれで…ってところですけど、良い出会いがあればいいなぁ~っと思ってます

|

何事にも動じない心

土曜日のことなのですが…突然、本日、予約したんですけどというお客様が昼間にいらっしゃいまして…でも宿泊台帳を見てもその人の名前がなかったんです…

で、ちょっと考えながら…なんか聞いたことがある名前だなぁ~って思って、先々の予約なんかを見ると…来週の土曜日に旅行会社さんから予約が入ってるお客さんだって…

で、お客さんと話してみると…どうやらウェブサイトでその旅行会社のパッケージツアーに申し込んだんですけど、クリックを間違って1週間後を予約してしまったみたいでして…。

土曜日だったので、ウチは満室だし、お客さんの数も8名でどうしたものかと…。

お客さんも他の宿を探すしかないという話になっていたんですけど…2月の週末って野沢温泉はすごく混み合うんです。どっかには空室のある宿はあるとは思うのですが…そもそもいらした時間がお昼近かったので、今から探してたら滑りに行けなくなるだろうなぁ~って。さらに旅行会社のパッケージのほうはキャンセル料がかかるかと思うし…。

で、プチホテル野沢温泉INNの共同利用部屋なら14畳あるし、お客さんがそれでいいとおっしゃったので、旅行会社さんに相談してキャンセル料かからないように日程を変更して、リフト券のクーポン券をファックスしてもらって、とりあえずウチでレンタルしてもらって、滑ってきてもらって直接、野沢温泉INNのほうに行くという段取りになり、野沢温泉INNの共同利用部屋に布団を8組入れ込んで、お客さんの荷物を野沢温泉INNまで車で運ぶという作業になったんですけど…。

この一連の流れの中で…私の対応が落ち着きすぎていたせいか、お客さんが滑りに行く前に、「やっぱこういうことってよくあるんですかねぇ~」って………

ないですよ…笑

でも、最近、何事にも動じなくなってきたなぁ~って

宿のフロントって、なんか色々と思ってもみないことがあったりするんです。来た早々に不機嫌だったりして怒鳴ったりする人とか…、色々な人がいますからねぇ~って感じなんですけど、なんか慣れてきたんでしょうけど、前はちょっとしたことで動揺して思考が止まっちゃったりしてたんですけど、なんか色々と対応策みたいなことが思い浮かぶようになったなぁ~って

成長ってやつですね

|

いいやま雪まつり

先週末、2月11日と12日に「いいやま雪まつり」があったんです

毎年、行われているんですが…この日に向けて、飯山市のあちこちで雪像を作るんです。まぁ~「さっぽろ雪まつり」の小さい版ってところですかねぇ~。

で、ウチのスタッフがよく行く、国道117号線から野沢温泉に入ってくるところにあるローソンにも、毎年雪像が作られるんです。

昨年は…どらえもんだったっけかなぁ~。なんか「どらえもん」と「怪物くん」を見た記憶があるんですけど…。

で、今年もショベルカーが雪を盛ったりしてたんですけど…2~3日間ぐらいやってたかなぁ~、でもって出来上がったのが…

Dscf5419

どーんっ店員さんに聞いたところ…ONE PEACEみたいですよぉ~。

ってことで、今年は終わってしまったんですけど、また来年もやると思いますので見に来てはいかがでしょうか

ちなみに「いいやま雪まつり」の公式ホームページはこちらです。

|

夜の馬曲温泉

12月に初めぐらいにはるちゃんと馬曲温泉に行ったんですけど…そのときは改修工事してたんです

で…リニューアルした馬曲温泉に行きたいとは思っていたんですけど、昨シーズンは夜10時まで営業してたのが、なんか夜9時までになったせいで、仕事終わりに行くにはちょっと無理な時間で行けてなかったんです…

昨日、お客さんも少なかったので、他のスタッフが夕食をやってる間に抜け出して、フロント係の私とりんちゃんで夜の馬曲温泉に行ってきましたっ

Dscf5415

う~ん、外観は変わってないですねぇ~。

で…野天風呂と内風呂の両方入ったんですけど

………

変わってないですねぇ~

何がリニューアルだったんだって思って…ホームページなんかを確認してみたり…

………

ブログ見て発見っ男の野天風呂が2倍の広さになったんだって

なにぶん夜だと、野天風呂は照明がぜんぜんなくて、暗い中で入っていたので気づかなかったというオチでした…

新しいところ入ってみたかったなぁ…。

で、この馬曲温泉なんですが…雪景色の露天風呂ランキング1位だったんだってっ確かに昨日も雪の中で温泉に浸かってる感じだったんですけど…やっぱ昼間行くと景色も最高なんだろうなぁ~って。まぁ~シーズン中は行けませんけどね…。そしてシーズン中行けないということは…行ける時期になる頃には雪景色じゃなくなるってことですよね…

|

ゴールデンウィークの営業

ゴールデンウィークの詳細が決まりました

前の日記で書いたんですけど…和風ペンションみやざわは営業するのですが…プチホテル野沢温泉INNも営業しますっそして…さすがに今年のゴールデンウィークの白浜は営業しません…。昨年は営業したので、春用の掛け布団買ったのに…無駄になりました…

誰か白浜の営業がわかる人がいればなんですけど、私は野沢温泉に残らないと、さすがに2施設ともやるのであれば…。まぁ~来年、余裕があればってところですけど…たぶんそんな余裕はないかなぁ~

そしてゴールデンウィークは、私とはるちゃんとたろちゃんとりんちゃんって感じのメンバーでやりますっみんな残ってくれてありがとっ

ってことで、今シーズンもゴールデンウィークまで頑張ります

|

ひとみちゃんが来ましたよ

昨日の夜、新しいスタッフのひとみちゃんがウチに合流しました

第一印象は…すっごく丁寧な人だなぁ~って。

これまた今までにないスタッフの感じで。

ひとみちゃんは、新潟の津南町の人で野沢温泉から車で1時間ぐらいですかねぇ。雪がなければ40分ぐらいかな

津南町で思い出すのが…昨年の年末年始にウチで働いてくれた女子高生も津南の人だったなぁ~って。何気に縁がありますけど…津南の人は鉄板ですねほんと人柄というか…。

電話で話してて、津南って聞いて雇うのを決めました…笑

今は群馬の大学に通ってて、春休みの間、実家に戻ってきててバイトをっていう流れみたいです。あと…看護の学校なんだってっぽいですねぇ~って感じの人です。

今年のスタッフは色んな色を持ってる人ばっかりで、また新しい色が加わってどんな感じになるか楽しみですよ

|

中国で販売!

最近というか、前からずっと言われてますけど…今、中国って勢いがありますよねぇ~。

この野沢温泉の片田舎でも、その勢いを感じるんです

野沢温泉にスキーやスノーボードをしに来る中国の方が年々増えているんです。ウチに宿泊してくれる中国の方も増えてまして…なんか中国の方のリピーターなんかもいまして…、その他、台湾とか香港とかの方も多くて…。特に台湾の方は、なんかウチの観光案内のページにリンクを貼ってくれている台湾のサイトがありまして、その影響もあるのかなぁ~っと思うぐらいよくいらっしゃいます。

で、ちょっと気づいたことが…。

私って学生のころカナダに留学してたので、今は衰えてますけど…一応、英語が話せるんです。なので中国の方が来ても、だいたい英語で話してるので意思疎通ぐらいは可能なんです。

でもこれって他の野沢温泉の宿の場合ってどうなんだろ野沢温泉って年配の方が家族で経営している宿が圧倒的に多くて、たぶん英語での対応とかできてないんじゃないかなぁ~って。

ってことは…ウチの強みのひとつなのかなっと

野沢温泉は200ぐらいの宿泊施設があると言われてまして…その中でウチの色を出していくというのは、なかなか難しいところで…。だいたい似たり寄ったりになりますし…。でも、この強みは使えるのではっと考えまして…、そしてウチみたいな安宿は、合理的な思考の強い、海外の方とかのほうがウケるのではっと思うんです。

実際に私が海外に留学してたときに、ほんとに安いモーテルとかがたくさんあって、寝れればどんなんでもいいやぁ~って思っていたので、そういった宿を旅行とかでよく使ってたんですけど…。そんな経験から、無駄なサービスや綺麗な建物とかじゃなくていいから安く泊まりたい思考が私自身強くて、そんなことが提供できるような宿をやりたいなぁ~って思って始めたんですけど…日本はサービス業の質が高すぎて、それが当たり前になってる部分が多くて…。

ウチが安い宿泊費を提供できている理由っていうのは、色々あると思うんですけど…その核の部分って、シーズン営業だからなんです。

つまりはウチは期間限定で若いバイトのスタッフの力で運営してるわけで、ほんとに日本のサービスの質に合わせるなら、ちゃんとした社員がいて、何年も経験があって、社員教育なんかもしっかりして…接客や掃除なんかのスペシャリストみたいな人がいるような宿でないと難しいかなぁ~っと。

でも野沢温泉って冬の4ヶ月ぐらいしかお客さんがほとんどいない中で、年間営業をやって通年で人を雇って教育していくなんてことをやるとなると…やっぱり今の宿泊費を維持するのは絶対に無理なことなんです。宿泊費を安く抑えることで、日本的サービスの提供の限界があるわけで…じゃ、宿泊費を高くするのかっというと、私はそうじゃない道を選択したいなぁ~って。

まぁ~なんか話がそれちゃったんですけど…、ウチのような宿を受け入れてくれるお客さんって海外に多いような気がして。まだケースとしては日本人の方の利用より全然少ないですけど…海外の方がウチを利用してくれて不満を言われたことってないんです。安くて良かったって満足してくれる人ばかりなんです

ってことでウチの新しい方向性として一歩踏み込んでみようと思ったのが海外での販売ってことで、その第一歩として中国語のサイトを作りますっっていうか…すでに作成してもらってますっ

ってことで、来シーズンからの話になるんですけど…新たな挑戦をしてみます

|

そもそもわかりにくいのが問題で

なんとなく昨日の愚痴の続きっぽい話を…。

私って実は一般旅行取扱主任者という、何気に国家資格な資格を持ってまして…ただの宿の経営者のくせにけっこう旅行業界に詳しかったりするんです。

で、この旅行業界って、一般の人にすごくわかりにくい業界なんです。

例えば、駅とかにある旅行代理店とかに行くじゃないですかぁ。でもってスキー・スノボーのパンフレットなんかが目に留まり、パンフレットを見るわけです。なんか色々な宿がでてて、料金が載ってて、ここいいなぁ~ってことで予約をする…。

この流れの中で、お客さんからも電話が来たときに良く言われるんですけど…旅行代理店を通して、ウチに予約した者なんですけど…って。

これって厳密に言うと違うんです。

旅行代理店に置いてあるパンフレットは、一般的にはホールセラーと呼ばれる、旅行商品を作って旅行代理店に卸してる会社のパンフレットであって、旅行代理店はその商品を売ることによって、販売価格の数%が販売手数料として、ホールセラーから支払われるんです。

で、私と宿泊料金の卸値のことなんかのやり取りしてるのがこのホールセラーなのですが、このパンフレットを置いてお客さんを集客するという行為は、「主催旅行」と言って、旅行会社が企画・運営してるものであって、「手配旅行」というものとは別の物なんです。

例えば、お客さんが旅行代理店に行って、ウチの宿が気に入ったので手配してほしいっていうことになれば、旅行代理店の人がウチに電話をしてきて、手配をして、手配手数料をお客さんからもらって契約するもの…これが「手配旅行」なんです。

わかりにくいっすね…。

で、この「主催旅行」と「手配旅行」の決定的な違いがありまして…「主催旅行」は商品を作った旅行会社の責任で運営されている商品であって、「手配旅行」は旅行会社はただの手配代行であり、責任はないのです。

わかりにくいっすね…。

つまり…旅行代理店のパンフレットを見て予約をした場合は、ホールセラーが企画・運営するパッケージツアーに予約したのであって、ウチに予約をしたわけではないんです…。

何が違うのってことですけど…

パッケージツアーって旅行会社が企画・運営して、責任も旅行会社が持っているものなので、旅行会社の許可なくウチが勝手なことはできないんです。つまりお客様が希望したりするアレンジがウチの判断でできないんです。手配旅行はウチの判断でできます。

簡単に言うと、良くあるのが送迎してほしいとかなんですけど…そんなことできないわけなんです…。そんなことをして事故なんか起こしたら(起こすつもりはないですよ…)旅行会社の責任になるわけです。1人だけチェックインを遅らせてほしいとか、夕食の内容を変えてほしいとか………その他色々なお客さんの要望があるんですけど、一切、旅行会社を通してもらわないとウチが勝手に、どんなによかれと思うことでもやっちゃダメってことなんです。

ただこれって、お客さんにできないんですよぉ~とか案内するとウチが不親切な感じになるじゃないですかぁ~。しかもお客さんはパッケージツアーに参加したという感覚よりはウチに予約して宿泊したという感覚のほうが強いのでなおさらそういった感情になっちゃいますよね…。

しかも今のパッケージツアーって、そんな大層なものをパックしたものでなくて、交通機関と宿とリフト券っていう感じで、中身はフリーステイなわけだし、マイカープランなんてほんと宿とリフト券だけなんで、主催旅行っていうものとは概念がかけ離れてますよね…。お客さんも宿とリフト券を手配したぐらいにしか感じないのは当たり前の話で…。

そして一番厄介なのは…パンフレットを見て申し込んだとしても、ウチのホームページを見ちゃったりして、駐車場無料、タオル無料って書いてありましたって…。それはあくまでウチに宿泊予約をしてくれたお客さんであって、旅行会社さんの商品は、旅行会社さんもなるべく安い料金で出したいので、そういうものをつけずに宿泊費をなるべく安くっていう流れで、基本的に必要な人だけが現地で有料って感じなのです。

つまり…ウチはケチな宿って思われるってことです…。タオル一枚もついていないのかっっと。その分、ちゃんと宿泊費から引いてるのになぁ~って。

どうですかほんとわかりにくい業界ですよね…。

|

旅行代理店って…

最近、旅行会社代理店のスタッフについて…思うところが…

私もその昔、そっち方面の仕事で色々と旅行代理店をルート営業してた頃があるんですけど…まぁ~そのときからそうだったのかもしれませんが…最近の旅行代理店のスタッフって、ほんと適当な仕事っぷりだなぁ~って痛感させられてます。

最近、旅行会社さんのパッケージツアーに申し込んでるお客さんがウチに直接問い合わせがくるケースがけっこうありまして…。ウチの施設についての問い合わせならお答えできますけど、ウチが作ってるものではないので、ツアー内容の詳細までは私は知りませんし…、聞かれてもわからないことが多いんです

あくまで、そのパッケージの中の宿泊という部分をウチが担っているだけであり、特に料金とか…。もちろん商品を企画してる旅行会社さんに卸している料金は知ってますけど…いくらで販売してるかなんてわからないわけです…。

そもそも…ウチが旅行会社さんに安い料金で部屋を卸してるのは、もちろん販売促進の意味もありますけど、予約管理、顧客管理、入金管理などの手間が省けるという理由があるわけで、それなのに旅行代理店の人からウチに直接問い合わせをしてくださいっていう案内を受けたっていうケースが多発してるんです…。

それって…

そう言われて、直接問い合わせしてきたお客さんも言ってたんですけど…旅行代理店の人の怠慢なのではほんとだったら、仲介をするっていうことは、お客さんからの質問を聞いて、わからなければその人たちが商品を作ってる会社に聞くのが筋ではって思うんです。

ウチに言われても…

さらには、お客さん自身で直接、宿に問い合わせしてもらったり、交渉してもらったりするので安いんですっていう案内をするスタッフまで

おぃおぃ、安くしてるのは旅行代理店じゃなくて、ウチなんですけど…笑

これじゃ…ただの安売りじゃまいかウチは予約管理などの手間が省ける分、それを担っている旅行代理店の人が収入を得なければいけないわけだし、その分宿泊費を安くするのは理にかなってると思ってるんですけど…。職務放棄して販売手数料だけもらうって…。

っていう愚痴を言ってみましたが、もちろん全部がそんなお店ではないと思いますけど…なんか最近、ほんと多発してるんで言ってみました…。

|

ゴールデンウィーク営業します!

タイトルを見て…そんなの毎年のことじゃないのって思った方…実はですねぇ~、今のところ毎年営業してはいますけど、ゴールデンウィークまで残ってくれるスタッフがいるかどうかで、営業するかどうかを決めてたり…

ゴールデンウィークの営業って短いので、その短期間のためだけにバイトを募集して、新たに仕事を教えてっていうのをやるのが、かなり非効率なわけで…

実際のところ4月って全然お客さんがいないので、仕事って全くありませんけど、それでも4月にウチに残ってくれて、ゴールデンウィークだけでも働きますっっていう人って…そうはいないと思うんですが…今年ははるちゃんが残ってくれるってはるちゃんさえいれば、まぁ~営業できそうだなぁ~ってことで、ゴールデンウィークの販売を開始しましたっ

もちろん、昨シーズンみたいに残ってくれるスタッフが多ければ、野沢温泉INNのほうも営業するつもりです。

とりあえずは、みやざわだけでも営業するかどうか早めに決めたかったので良かったなぁ~って。さらにはるちゃん、夏も白浜に来てくれるみたいですよぉ~。

まさに期待の16歳ですね

|

スタッフ募集を終了しました

いやぁ~、例年にないぐらい長々と募集をやっちゃってましたけど…

やっとスタッフが全員決まったので、募集を終了しますっ

今シーズンは応募してきてくれた人も多かったんですけど…ちょっと愚痴になっちゃいますけど…なんか今年は自分のことばっか主張してくる人が多かったなぁ~って。

明日からでも働けますっって…明日のスタッフの人数が足りなかったりしたら…ウチはやっていけないし…そんな事態になる前に手を打っておきますけど…みたいな人とか…。でもって日程を調整してもらえるように話しても、もっと早くお金稼ぎたいので、他を当たりますって…もっと早くから働きたいなら、早くから応募すればいいわけで…どんだけ自分都合なんだと。

あとは…日程はいつでもいいけど、1ヶ月だけ働きたいんですって言われ…なぜ1ヶ月なんだって…で、話を進めていくとリフト券付いてるんですよねって

そんなことどこにも書いてませんけど…。

だいたい1ヶ月しか働かないのに、給料と家賃と食費がでて…さらにシーズンパス代って…そんな自分都合が通るところがあったらいいですねぇ~、私もそこで働きたいですよみたいな人とか…。

まぁ~ちょっとどころか、完全に愚痴になってしまいましたけど、リゾートなんで、働きにくるイメージよりは遊びにくるイメージのほうが強いんでしょうねぇ~。いずれにしても、そんな人を雇うつもりがあるわけもなく…。

とにかく、これで3月末までのスタッフが確保できてホッとしてます

2日から働いてもらっているなっちゃんも、すぐにウチに溶け込んでくれて一生懸命働いてくれてますし、今度来る人も女の子なんですけど…感じのよさそうな人で期待してます。

2月はスタッフの入れ替わりが激しく、もぅすでにやったんですけど、みやざわと野沢温泉INNで引越しをしてもらうスタッフもいたり、色々と大変な時期でもあるけど、なんとか乗り切っていけそうな手応えです

|

久しぶりの面々

土曜日は、中央大学のスキーチームのOBになった、昨シーズンウチに居てくれたぬ~さんと亀ちゃんが遊びに来てくれましたぬ~さん達は、夏も遊びに来てくれたので、それ以来ですねぇ~。

あと、レイソルさんも久しぶりに会社の後輩と。昨シーズンまでは夫婦でよく遊びに来てくれたレイソルも、昨シーズンは子供ができたので全然来なかったので、2年ぶりってことになるんでしょうか。レイソルの会社の後輩は、クリスマスに同僚と遊びに来てくれたので、それ以来の再会で。

なんとも久しぶりの面々に会えて、賑やかに、久しぶりに遅くまでお酒飲みました最近は、疲れちゃうのでお酒は控え目だったんですけどね…。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »